SaaSソリューションプロバイダーのQuenticは、成長資金で1500万ユーロを受け取ります。

ドイツのベルリンに拠点を置き、環境、健康、安全(EHS)および企業の社会的責任(CSR)のためのSaaS(Software as a Service)ソリューションを提供するQuenticは、1500万ユーロの成長資金を受け取りました。

支援者には、既存の投資家One Peak PartnersとMorgan Stanley Expansion Capitalが含まれました。

同社は既存および新規市場での成長を加速するために資金を使用します。

Markus Becker(CEO)、SebastianMönnich(COO)、およびHardy Menzel(CTO)、ヨーロッパのEHSおよびCSR市場におけるサービスとしてのソフトウェア(SaaS)ソリューションの提供者。 600社を超える顧客が、同社のソフトウェアソリューションを利用してEHSおよびCSR管理を強化しています。

統合ソリューションは、ISO 14001(環境)、ISO 50001(エネルギー)、およびISO 45001(労働安全衛生)に従って管理システムをサポートするのに適しています。

同社はデータをネットワーク化し、EHSとCSRのすべての関係者を結び付け、ブラウザまたはアプリを介して全分野にわたる関与を促進します。

Quenticはドイツ、オーストリア、スイス、フィンランド、ベルギー、デンマーク、オランダで200人以上の従業員を雇用しています。

以上はHR Tech JAPAN AI翻訳されてます。

元の情報源はこちら:http://www.finsmes.com/2019/05/quentic-receives-e15m-in-growth-funding.html

You may also like...